銀行から融資を受ける時

お金を借りる必要性

貸付金利

銀行でお金を借りる事による効果とは銀行の貸付金利が他の消費者金融よりも低くなければ得られません。銀行でお金を借りる事による効果を得たいのであれば、一番低い金利のローンを探し、そして、その借りたお金で投資用のマンションなどを購入し、賃貸用として運用し、その利益を得ることが一番ではないでしょうか。もちろん、自宅購入のためのローンを銀行で組む方もいるとは思いますが、それは特に効果というほどのものを得られる可能性は低いと思われます。なぜならば、銀行で住宅ローンを組む方というのは、実際には手の出ない商品を何とか手に入れる手段として、銀行からお金を借りているからです。それでは、投資用のマンション購入の為に銀行でお金を借りる事による効果として、どうして利益が生まれるかと言えば、ローンを組む時に団体信用保険に加入するからです。もしもローンの借主が死亡した場合でも、団体信用保険の保障により、その投資用マンションを手に入れることが出来るのですから、ほとんど自分のお金を使わず投資を行い、利益を得て、更に最終的にはその投資用の物件も丸ごと自分の物になるという点で、自宅マンションよりもお金を産む率が高いのです。もちろん、その場合投資用マンションの購入にはしっかりとした下調べが必要です。なぜならば賃貸用マンションとした場合に、きっちりと借主が見つかるような利益を生むマンションを見つけなければ意味がないからです。マンション購入資金の返済分を上回る家賃設定のできる優良物件を選ぶことが肝要です。