銀行から融資を受ける時

お金を借りる必要性

銀行は敷居が高い?

お金を借りるときどこからお金を借りるのか迷うことがあります。消費者金融では金利が高い。銀行は敷居が高いと思っていませんか。銀行でお金を借りる事のメリットは何か考えてみましょう。あなたに、安定した収入があるのであれば、銀行のカードローンが一番いいでしょう。どの銀行も名が通っているので、借りる方も安心して借りることが出来ます。それに、金利も安く貸金業者の規制の対象外となっています。貸金業者の規制とは、年収の3分の1の借り入れしか貸金業者から借り入れが出来ないと言う物です。1社の借入の残高ではなく、複数件からの借り入れがあればその合計の金額を指します。その貸金業者の規制の枠外に銀行系のカードローンはあります。そのほかに対象外になるのは、住宅ローン、マイカーローンなどが該当します。銀行でお金を借りる事のメリットは、借入限度額がほかの貸金業のカードより大きいことにあります。銀行のカードローンを持っていると言う事は、ちゃんとした収入があり、それなりにその銀行に対しての信用度があると言う事です。審査の時は、他の金融機関よりも厳しい審査を受けますが、給与振り込みを利用していたり、公共料金の引き落としなどを利用していると審査の時に通過しやすくなるでしょう。銀行でお金を借りる事のメリットは、ほかの金融機関からの借り入れよりも金利が安く済むことと、貸金業の総量規制から除外されていること、限度額が他よりも高額であることが挙げられます。